すっごくたくさんの人に

いつから絵を描き始めたんですか?って聞かれます!

 

 

これって答えるのすごく難しくて
絵自体は
ほんとに子どものころから
大好きで

 

どこにお出かけするにも
紙と色鉛筆を持ち運ぶような
そんな子どもでした!

 

大人になっても
どこにいっても
ノートとペンは持ち歩く

 

たぶん
なにかを書くのが大好きなんですよね

 

なんでもメモしたくなるし
なんでも紙に描いてまとめたくなる

 

それはいまでも変わらない

 

自分では覚えてなくても
留学中も
いつも紙と鉛筆を持ち歩いて
海でもどこでも絵を描いてたねって
言われます

 

あまりに描くことが普通すぎて
覚えてない

 

それくらいたぶん
染み付いてるんだと思います

 

絵はうまかったのかと聞かれると
正直あんまり記憶がなくて

 

同年代と比べたら下手ではなかったかもしれないけど
特別うまかったわけでもないと思います

 

ただただ
好きで楽しいから描いてただけだから

 

でも思うような絵は描けなくて
高校生から大学にかけては
描く時間が減ったような気がします

 

描くことは大好きなのに
なにを描けばいいのかわからない
そんな風に
描きたいのに描けない
もやもやっとした感じで

 

実はいまでも
描きたいのに
なにを描けばいいのかわからないってこと
ぼちぼちある 笑

 

幸せなこの気持ち描きたいのに!!!
表現したいのに!!!
どう表現すればいいのかわかんない!!!!!!!

 

っていまでもわかんないことが多い!!!!

 

だからどんどん絵が変わっていくんだと思います

 

そのときの気分や
そのときの直感や発想で描くから

 

あんまり体系化されてなくて
そのときにしか描けない絵になります

 

大学に進学するときも
美大も考えたけど

 

劣等感の強いわたしは
美大っていう
なにかの枠に入って
絵っていう
本当は図ることのできないものを
だれかのものさしで図られて

 

それに影響するうちに
描きたいものがわかんなくなりそうって思ったので
美大は進学しませんでした

 

自分の表現が
自分の表現でなくなることが
こわかったんだと思います

 

いまでもそのこわさはあって

 

描きたいのに
なにを描きたいのかわからない
その不安定なところに
不純物が入るのが嫌なのかな

 

いつかは美大に行って
大きな町ぐるみのプロジェクトに携わったりしたいから

 

しばらく自分と向き合って
いろんなこと試してa

 

試し切ったら
美大に進学できたらよいな!と思ってます♪

あいりす

ホームページ:http://nijiya-iris.com

インスタグラム:https://www.instagram.com/nijiya_iris/

ネットショップ:https://nijiyairis.thebase.in

音物語:https://otomonogatari.com